映画会社求人ナビ【※映画業界で働きたい方へ】

映画会社への転職なら転職サイトが便利

映画はエンタメ界の主役といっていいほど興行収入や宣伝効果は抜群に高く、また華やかなイメージもあるので一度は働いてみたいと思う人も多い業界です。就職には狭き門ですが、その分キャリアアップも望める業界です。

まずはマイナビエージェントなどの転職サイトで情報収集しましょう。ハローワークにはほとんど求人は出ません。また、一人での転職活動に不安を感じる方にもコンサルタントのアドバイスは心強いですよ。

映画会社の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 オススメ度数 転職エリア 詳細
マイナビエージェント 無料 ★★★★★ 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・マイナビエージェントはIT関連に強く、ITの応募の70%以上が年収のアップにつながっています。
・CAのサポートが力強く、履歴書の書き方や面接の対応方法を丁寧にアドバイスしてもらえます。
強みはなんといっても非公開求人。映画会社の非公開求人を案内してもらえることも。



リクルートエージェント 無料 ★★★★ 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
転職サイトの中でも求人数もエージェントの数もNo1の最大手として抜群の知名度。
・エージェントのサポートがしっかりしており、難しい映画会社の就職もしっかりサポート。
・業界の中でも信頼度が高いため、非公開求人も多く映画配給会社などの求人も備えています。



type 無料 ★★★★ 東京・神奈川・埼玉・千葉 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
エージェント利用者の約70%が年収アップするなど、転職でのキャリアアップを目指すならここ。
機関誌も発行しているほどIT関連とのパイプが強い。映画制作の求人もたびたびあります。
・エージェントの就職診断がしっかりしていて相談にしっかりのってくれる。女性の求人にも強い。



DODA 無料 ★★★★ 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
業界最大手と言っても良いDODA。求人も幅広く、映画会社の求人も多数みつかります。
・年間1万人以上をサポートし、全国8か所の営業所があり地方での転職にも強みを誇っています。
オファーが来るのを待つだけのスカウトサービスや合同説明会、転職フェアなどイベントも多数。



キャリコネ 無料 ★★★★ 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・大手に比べると比較的小さく求人数なども劣りますが、使いやすい機能が満載されている。
「未経験チャレンジOK企業」「急募企業」などの企業も紹介できるので絞り込みしやすいです。
・キャリコネは知らない人も多いかもしれませんが成長率では非常に高いサイトです。



映画会社に転職するには?

映画会社に転職を希望する場合、自分が映画とどのように関わっていきたいかで転職する業種が異なってきます。映画は、映画館で人々の目に映るまでにいくつかの企業を通ってきています。まず、映画を作る映画制作会社があります。制作会社では実際に映画を撮影したり、編集したりして一本の映画を完成させるような仕事をします。この完成した映画を一般の人に見ててもらうようにするには、映画配給会社がその映画の権利を買ってCMを流したり様々な広告戦略などをして人を呼び込み、そして映画館や興業会社にて映画を上映することになります。

映画制作に携わりたければ映画制作会社へ、プランニングや企画、宣伝などを行いたければ映画配給会社などということになります。これらの映画会社への入社の機会をつかむのはなかなか難しいと言われていますが実際はどうでしょうか。まず、制作会社ですが、新卒の場合は、映像科などを専攻して技術職としての就職ということになります。制作会社では下積み時代も長くアシスタントやサポートとして働く期間が長いかもしれません。

映画配給会社の就職も困難を極めます。多くの人が東宝や東映など耳にしたことがあり、大企業のイメージです。しかし、映画産業自体が思いの外小さいためたとえ東宝や東映でも電機メーカーなどに比べれば規模がかなり小さく従業員はほんの3〜400人ということになります。実際は小さな会社なのにも関わらず映画配給会社に勤務したいという夢を抱いている人は多く入社希望者がかなりの数に上るため、採用されるには激戦を通過しなければならない状態です。

映画配給会社には、東宝などの邦画を中心とした会社、ワーナーなどの海外企業の子会社、洋画を買い取って上映する独立系映画会社などに分かれています。東宝などは少人数ではありますが毎年新卒の採用を行っていて育成をしています。海外企業の子会社では新卒採用はなく必要に応じて人材を経験豊富な中途採用を行っています。

映画会社の転職は新卒採用同様、容易ではありません。ポジションに空きが出て職種ごとの採用になりますが数多くの採用は行っていないので、求人は見逃さないようにする必要があります。同じ業界での経験者や他業種でもマーケティングや宣伝の経験があれば転職に有利に働きます。正社員の採用がなかなかないため、まずはアルバイトや契約社員、そして派遣社員から始め、気に居られれば採用にこぎつけるというケースも多々あります。


Copyright (C) 2014 映画会社求人ナビ【※映画業界で働きたい方へ】 All Rights Reserved.